「後を考えずにその場限りの葬儀をしてしまい、後々よく考えたら遺骨をどうしたらいいのか?」

「墓地を設けていなく、故人のお骨をいつまでも自宅に置いとくわけにはいかない…」
 
「突然の出来事で菩提寺を決めていなく、葬儀社に頼んで葬儀をしたが、遺骨を何処に頼んだらいいか?」
 
昨今、都市部などでは墓地不足や墓地価格の高騰化で、お墓を設けることが出来ず、ご自宅にご遺骨をご安置されている方が増えています。
そして、当てもなく遺骨を持って当寺を訪ねてくる方々にお会いしてご遺骨をお預かりしていますが、事情を尋ねると、大半は上記のような事で彷徨う結果になっています。
 
突然の出来事で慌ててしまい、後を考えずに場をこなす事で頭がいっぱいになるのだと思います。
 
ですが、桂蔵寺では、ご遺骨を持って訪ねてくる方を見過ごすわけにはいきません。
それが私達の役目であり、仏の慈悲心です。

ご遺骨をお預かりされたい方や悩んでいる方は、当寺へお気軽にご相談ください。
 


  
ご遺骨のお預かりするにあたり、誓約書とご遺骨預かり証に必要事項を記入していただきます。
その際、以下の要綱を守っていただきたいと思います。


他宗派・他宗教団体に属していない。
きちんと連絡が取れる。
供養をしなく、預けたままにしない。
霊園などにお墓を設け、納骨する。
預かり期間中の仏事は当寺で行う。
年1回の護持会費4,000円を納めていただける。
当寺にお骨を持参していただく。


以上を守られることがご遺骨をお預かりする条件とします。 
尚、当寺では、預かり料はありません。

花園会費は、お骨を預かった翌年から納めていただきます。
お骨の郵送は、故人を粗末に扱うことに等しいので認めません。

上記を守られない場合は、お骨を返還します。
  
ご遺骨のお預かりを希望する方・現在困っている方は、当寺にいらして下さい。
 
一人でも多くの方々に、阿弥陀の救いの手が差し伸べれるよう願っております。
 
 
 
 
  
もともとの宗派がない方で上記を守れることをお約束してくださる方であれば桂蔵寺信徒としてご遺骨をお預かりいたします。
    
初当寺へご来山していただき、ご遺骨を預かる条件を守る誓約書と申込み書類に記載・実印にて押印をしていただきます。

また、ご遺骨を預けた後、連絡が取れなくならないように住民票(申込者・保証人)と印鑑証明をご持参ください。
預かり証をお渡しした後に、ご遺骨をお預かりいたします。
 
 


お墓に納骨することを前提にお預かりします。   
 


 
預かり料はありませんが、花園会費4,000円を翌年度から納めていただくことになります。
 
 
 
預ける当日は、ご遺骨だけで構いません。
香炉や花瓶などを揃えてお持ちいただいてもよろしいのですが、当寺に花瓶や香炉がありますので、そちらをお貸しできます。
 
 

 

携帯からも桂蔵寺ウェブサイトへアクセスできます。
 



 
 
 
  
 

   

相互リンク

サーチエンジン【Access.com】
 
2700以上もある総合検索サイト 
 
サイトの新規登録106 
 

ベストサイトは、カテゴリー型検索サイトです。