HOME桂蔵寺について≫大本山妙心寺
 

妙心寺は、
大燈国師(だいとうこくし)から印可され、衣鉢(えはつ)を伝えられた花園法皇は、そのことへの報恩謝徳、仏法興隆のために、1342年花園の離宮を寄捨して禅寺としました。
 
師の大燈国師より正法山妙心寺(しょうぼうざん、みょうしんじ)」の命名をうけ、その国師の高弟の無相大師こと関山慧玄(かんざんえげん)を開山として迎えられ、妙心寺は始まります。
 
その後、関山の法流は龍泉派、東海派、霊雲派、聖沢派の四派を立て、派勢は全国に広まります。
 
中国より伝えられた禅の法系が大半絶えましたが、大応国師、大燈国師、無相大師の応燈関一流の禅は現在でも臨済の法脈を絶やさず受け継がれています。
 
今の妙心寺の寺域には、塔頭寺院が50カ寺近くあり、石庭でも有名な竜安寺は妙心寺別院とも呼ばれます。
 
全国には3400を超える所属寺院があります。
 
 山号
 正法山(しょうぼうざん)
 開山
 無相大師(関山慧玄)
 開基
 花園法皇
 所在地
 京都市右京区花園妙心寺町


 
 
妙心寺は、臨済宗です。
 
お釈迦様から受け継がれた達磨大師(だるまだいし)、宗祖臨済禅師(りんざいぜんじ)、さらに無相大師に及ぶ一流の禅を宗旨及び教義とします。
 
本尊をお釈迦様を大恩教主として仰いで、尊崇します。
因縁より観世音菩薩等をおまつりします。
 
お釈迦様の教えをそのまま心に頂く宗旨なので、
とくに経典は一定しませんが、主に般若心経などをお読みします。
 
宗門は僧俗ともに禅の安心を求める同心同行であり、無相国師の請う、その本(もと)を努めよのご遺戒(ゆいかい)と、花園法皇の報恩謝徳の聖旨(せいし)を体として仏法興隆を実践する教団です。
 
信条は自心仏であることを固く信じて坐禅にはげみ、本当の自分にめざめ、どんな困難にもくじけず常に脚下(あしもと)を照顧(みつ)めてくらしを正し、生かされている自分に感謝しつつ世の為、人のためにつくします。


 
 
 
生活信条

一日一度は静かに坐って、身(からだ)と呼吸と心を調えましょう。
 
人間の尊さにめざめ、自分の生活も他人の生活も大切にしましょう。
 
活かされている自分を感謝し、報恩の行を積みましょう。
 
信心のことば
 
わが身をこのまま空(くう)なりと観じて、静かに坐りましょう。
 
衆生(しゅじょう)は本来仏なりと信じて、拝んでいきましょう。
 
社会を心の花園と念じて、和やかに行きましょう。
 
桂蔵寺について ・ TOPページに戻る
 

 

携帯からも桂蔵寺ウェブサイトへアクセスできます。
 



 
 
 
  
 

   

相互リンク

サーチエンジン【Access.com】
 
2700以上もある総合検索サイト 
 
サイトの新規登録106 
 

ベストサイトは、カテゴリー型検索サイトです。